辛い双極性障害はクリニックで治療しましょう。

CONTENTS

悩む男性

躁うつとうつの種類

大うつ病と双極性障害ではどういった違いがあるのかを知ることで、自分の病気がきちんとわかります。正しい方法で治療をすることにより、しっかりと改善することができるのです。

医師に相談する女性

原因とは

双極性障害の原因についてご紹介しています。原因や発症するきっかけとなるものには種類があり、自分がどの種類に当てはまるのか確認しましょう。原因を知り、ちきんと治療を行っていきましょう。

新着記事

クリニックに通う女性

治す方法

様々な治療方法がある双極性障害ですが、治療は大きく分けて薬物療法と精神療法があります。患者に合わせた方法を行っていきます。また、組み合わせることでより効果的となるでしょう。

心身の状態

治療の工夫によるメリット

うつ病には大きく分けて2つの種類があります。それは双極性障害とうつ病です。うつ病は一般的なもので、仕事に集中できない、やる気が起きないといった憂鬱な状態が2週間以上続いてしまいます。一方、双極性障害は抑うつ状態と躁状態の両方が現れる病気です。躁うつ病とも言われており、うつ病と比べると発症している人は少ないですが、稀な病気というわけではありません。それぞれ発症による特徴が異なります。うつ病の場合は中高年の女性に多く見られますが、双極性障害の場合は20代前半の男女ともに見られます。うつは年を重ねることで発症するものだと考えていた人もいるかもしれませんが、最近では若い人にも多い病気なのです。

双極性障害の取り組み

うつ病では、そのうつの状態しか症状として現れません。しかし双極性障害ではうつ状態と躁状態を繰り返すという特徴があります。躁状態とは、うつ状態のときと比べるとまったく逆で、非常に元気になります。そしてこの状態のときは自分が何でもできると思い込んでしまいます。周りから見ても元気だという風にしか見えないため、もし双極性障害であった場合は見逃してしまいがちなのです。落ち込む時期と元気な時期が交互にやってくると感じたときや、いままでの自分とは違うと思ったときは、病院を受診して検査を受けてみると良いでしょう。そうすることで、自分が本当に病気なのかそうでないのか知ることができます。もし双極性障害やうつ病と診断された場合は、きちんと治療を行うことが大切です。それぞれ治療法が異なります。正しい治療を行うために、しっかりと医師の診察を受けるようにしましょう。

双極性障害は早めに治療を始めれば、症状を抑えながら普通の生活も出来ます。双極性障害の治療目標は回復と再発予防です。特に再発を予防する事が大切です。 病気を治すために薬を飲んでいると理解し、飲み忘れなどはしないようにします。また、自分の症状が病気による物であると認識するのが双極性障害の治療には効果的です。自分だけではなく家族や会社の人達にも理解してもらうと、人間関係のストレスが軽減し、症状が良くなる助けになります。自分一人だけで抱え込まないようにする工夫をしましょう。 特に家族の協力が重要ですが、家族の精神的負担も気をつけなくてはいけません。本人と家族どちらもストレスにならないように家族療法などを取り入れると効果的です。

双極性障害の治療では、社会復帰を目指して取り組みます。ストレスを軽減して心を健康にする事で症状を軽くします。双極性障害には治りにくい場合が多いと言われていましたが、専門的なアドバイスが出来る臨床心理士や精神保健福祉士などが診察や治療をする事で、症状が改善するようになった事例が多数あります。 また、双極性障害は病気ですが、病院には治療をしに行くと思うよりも、専門家に相談に行くような軽い気持ちで通うとストレスにならないです。ですが、病気であるのですから、薬を忘れずに飲んだり、生活サイクルをきちんとして規則正しく毎日を過ごすようにしましょう。気持ちは楽なままで、双極性障害の治療になる事はしっかり守るのが大切です。