悩む男性と女性医師と看護師

躁うつとうつの種類

悩む男性

双極性障害の概要と現在の傾向

双極性障害は気分障害とされています。うつ病の症状であるうつ状態、双極性障害でもこのうつ状態が現れます。しかしそれだけでなく、うつとは真逆の躁状態も現れます。これらが繰り返し起こり、慢性的な病気といわれています。双極性障害には2つの種類があります。これは躁状態によって異なります。自分でも他人から見ても元気で気分が高まっており、仕事や家事などでいつもより調子が良い、また眠らなくても大丈夫だという軽い状態を軽躁状態と言います。この状態はあまり周囲の人に迷惑をかけることも困らせることもないでしょう。しかしそれよりもひどくなり、仕事や家事をする上で支障をきたし、入院が必要だというくらい激しい状態を躁状態といいます。躁状態では周囲の人に迷惑をかけるだけでなく、自分にも悪影響をおよぼすことがあるのです。

その治療方法と再発の予防について

双極性障害を発症した場合は、精神科を受診しましょう。そこできちんとした検査をすることで、正しい治療を受けることができます。双極性障害は再発する可能性が高い病気で、予防をするためにも治療を続けていくことが大切です。また、再発を防ぐために症状を自分でコントロールするということも重要となってきます。正しい治療法できちんとした計画を立てること、生活習慣を整える、双極性障害を悪化させないようにするなど、医師や家族などとしっかり相談して向き合っていくことが大切なのです。治療を続けていくこと、自分をコントロールしていくことで、双極性障害は再発することなく過ごしていけるのです。

双極性障害は一般的には躁うつ病の呼び名で知られています。 二つの極、つまり、気分が塞ぎ、何をする気も起きず、自己否定し、睡眠障害が起こるようなうつ状態の時と、気分が高揚し、多弁となり、時にイライラし、ハイテンションで、せかせかと過度に行動しますが、ひとつの事に集中することができないといった躁状態とが交互に来る状態です。 原因は、遺伝や体質もありますが、ストレスなどが引き金となると言われています。 脳内物質の異常とも言われ、単純な心の悩みや精神的なものなどではありません。 発症する男女比は変わりませんが、男性の方は躁状態の期間の割合が多く、女性は、うつ状態の期間の方が長い傾向にあります。 また、もともと、うつを抱えていた人が双極性障害に移行する事が多く、双極性障害であることに気づかないと、病院で出されている治療薬がうつ症状に合わせたもののため、躁状態の時にその症状が悪化し、余計自己否定しうつ症状をさらに悪化させる要因にもなります。 また、それとは逆にイライラや気分が高揚するのを抑えるため、落ち着かせる薬を服用していて、うつ状態を悪化させるケースもあります。

双極性障害の治療は基本的には、薬物療法が中心となります。 それに加え、心理療法、精神療法も行われますが、カウンセリングだけで治るような、心の悩み程度ではないので薬物療法での治療が不可欠となります。 ただし、その症状が重度の場合、本人にとっても、家族など周囲の人間にとっても、本人が破滅的になった場合に危険が及ぶ可能性がありますので、精神科のある病院へ入院が必要になります。 身体的な危険だけでなく、躁状態の時に高額な買い物をして破産したり、犯罪を犯してしまうケースもあります。 うつ病の治療であれば大体、数ヶ月〜1年程で終わる事が多いようですが、双極性障害は再発しやすいため、治療は長期間になります。 再発を予防するには、治った、良くなったと自己判断し、通院をやめてしまったり、薬を勝手に減らしたり、飲むのをやめてしまう、もしくは、逆に副作用がきつくて勝手に通院、薬の服用をやめてしまうといったことはせず、必ず、まずは医師に相談してください。 理想としては、周囲の理解とサポートが求められます。