悩む男性と女性医師と看護師

原因とは

医師に相談する女性

時間をかけてしっかり治療

双極性障害の原因には、遺伝的要素、環境的要素が関係していると言われています。ただハッキリとした原因はわかっておらず、遺伝や環境などが組み合わさって発症していると考えられているのです。多くの場合、うつから双極性障害へと変わるとされています。うつ状態を何回か繰り返したあとに、躁状態になるという場合があります。うつ病だと思っていたものが、実は双極性障害だった、ということも多くあるのです。病気になりやすいとされる性質を持つ人がいます。それによりうつ病を発症することがあります。そういった人の体や心に負荷がかかってしまうことで、脳の機能に異常をきたす場合があります。これが双極性障害を発症するきっかけとなるのです。双子の場合、片方が病気を発症してしまうと約80%の確率でもう片方も発症するとされています。この結果から遺伝的要素が、また、残りの20%が遺伝ではない要因によって病気を発症するので、その他の要素でも原因があると言われているのです。

何か精神にツライ事がないように

うつ病と双極性障害では原因や症状などの他に、治療方法も異なります。うつ病だと思い、そのままうつ病の治療を続けていってしまうと、効果が得られずより悪化してしまうことがあります。病院を受診して、きちんと自分の症状を伝えることが大切です。少しでも疑問に思ったこと、不安なことなどを一人で抱えずにいることが、正しい治療を行うことに繋がります。双極性障害としっかり付き合っていくためにも、治療はとても大切なことなのです。

双極性障害とは、そう状態と鬱状態を繰り返す症状のことをいいます。 この双極性障害はどうして起こるのかはまだ解明されていませんが精神を安定させる治療法や薬による治療などが行われています。 この治療を行うにしても心療内科など専門の病院やクリニックを探し受診することが大切となります。 躁状態の時には持っているお金を全て使い切ってしまったり何をしていても大声で楽しそうに笑っているそして、急に鬱状態に入り今までしていたことを悔やみながら落ち込んでしまう。 こういった、不可解な言動や行動が繰り返し起こってしまいます。 一概に、双極性障害とはいっても人に理解してもらう事は難しいです。 この専門的な病気を治療するにはやはり専門の病院やクリニックにかかることが大切で、お薬による時間をかけた治療が主流になってきます。

双極性障害は、思っている以上に症状が強く自殺願望も高くなってしまいますそのために、専門医によるコミニケーションが大切となり、薬を使った治療方法は、かなりの効果を示しています。 そして治癒を目指すために患者自身も専門医の言葉を信じ行動することが大切となります。 患者自身が信頼してくれるように専門医も自らの力を振り絞って行動することにより、 2人が力を合わせて病気と向き合っていきます。 そして薬による治療は、専門医の指示に従って服用量服薬回数など間違わずに自己判断に頼らずに行うことが大切となります。 薬による副作用は専門医の指導のもと行っている分に対してはほとんど起こる事はありません。 専門員を信じて安心して服用することが重要なこととなります。